今回より水について、
書きたいと思います。

水は46の栄養素ともう一つ、
人が生きていくうえで不可欠なものです。

初回は少しヘルスケアとは離れますが、
そもそも水とは何か?
と言う事について書きます。

ちょっと化学的な話になりますが、
豆知識としてお読みください。

1.水の構造                
まず水の構造についてですが、
皆様、水の分子式って覚えてますか?(^_^;)

すいへいりーべ…で覚えたやつが元素記号、
その組み合わせで物質の構成要素を表したものです。

水はH2Oです。
これはHが水素原子、Oが酸素原子で、
水素原子が2個、
酸素原子が1個くっついてるって事なんです。
(因みにこれは水が液体の場合で、             
氷(固体※)だと H4O5になります。)

それぞれの原子は酸素が-、
水素が+の電荷を持っていて、
結合角度:104.5° でくっついてます。

  ところで水が氷る温度(融点) は?
逆に沸騰する温度(沸点)は?         

…そうです。
融点が0℃  、沸点が100℃ です。

しかし!
 H2O分子は、実は融点が -100℃、
 沸点が-80℃ なんです⁈
       
実は水はH2Oの単独集合ではなく、
各水分子が水素結合した会合体
(クラスタ)というものなんです。

実は水が人の体に良い水かどうかは
この結合の仕方に関係しています。
(やっと話がヘルスケアに繋がった)

身体の化学反応に作用する事を生理活性といいますが、
水分子の結合の仕方により、
生理活性の度合いが違います。

①5つ鎖型:五員体    常温に多い。生理活性なし
②5つ環型:五員環    常温に多い。生理活性は弱い
③6つ環型:六員環    温度が下がると多い。生理活性が強い        

特に六員環のものは、別名「若返りの水」と言われています。

因みに家庭でも以下の方法で作れます。
①冷凍庫で半分水を凍らす
②凍ってない水を捨てる
③凍った水を溶かす

ただこの構造は安定しておらず、
常に変化しています。
(10の-12乗秒で変化する)
                      
2.水の性質
2-1.混合性と溶解性
水分子の62%は隙間である為、
水分子には他の分子と混ざる(※2)、
溶かす(※3)性質があります。
       
逆に水に混ざらないものを疎水性物質といい、
代表例は油です。            
そして水に馴染むものを親水基、            
油に馴染むものを疎水基といいます。          

2-2.表面張力
水と他の物質の境目を界面といい、            
界面付近では水分子の連結力が強くなり、
他の物質に排他的に働く性質:表面張力がある
            
因みに石鹸などの界面活性剤は、
親水基と疎水其からなり、
水の表面張力を弱める事で、
汚れなんかが溶けたり、
混ざりやすくなるわけです。

さてさて、少し小難しい話でしたが、
いかがでしたか?
ふーん、そうなんだ…ぐらいに思って貰えたらOKです。
ではまた次回に( ^_^)/~~~

(※)
氷:無秩序の結晶                            
結晶体でも非結晶体でもない                            
酸素:結晶体                            
水素:10の-4乗秒で動く                            

(※2 混合例 
アルコール60%:体積が3%減る。 
アルコール40%:アルコール分子が安定)                    

(※3 溶解性    
・塩析    砂糖水にアミノ酸を加えるとアミノ酸が沈殿する    
・塩溶    アミノ酸に尿素を加えるとアミノ酸が溶解する)    


 

次回へ続きます!



当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ