前回、そもそも水とは何か?
について書きました。

今回は人にとっての水について、
その関係や機能を書いています。

地球は水の惑星です。
その70%が海です。
よく母なる海と例えられますが、
何故だかわかりますか?

生命誕生の源って事もありますが、
実は人が生まれる前、
お母さんの体で赤ちゃんを満たしている胎水、
羊水と海水の構成元素が似ているんです。                           
(クロール、ナトリウム、カルシウム、カリウム、
マグネシウムなどのミネラルの比率がほぼ同じ)

生まれる前、赤ちゃんはこの羊水から
色んな栄養をもらって成長します。

また水は体内では体液(※1)として、
様々な機能、働きを担っています。

■水の体内での主な機能
・細胞の形態維持
・体内化学反応の溶媒
・唾液、消化液の材料
・血液の循環促進(粘ちゅう度を薄める)
・体温調節(発汗)
・利尿/排便
・解毒/希釈
・新陳代謝促進
・覚醒
・鎮静
 ・ 入眠 

この為、人体は水で満たされています。
水分の体重比にすると、、
胎児:90%、新生児:80%、幼児:70% 成人:男60%、女55%
になります。(※2)
赤ちゃんにいたってはほぼ水ですよね。。

しかし、水は体外へ毎日2.5L程度排出される為、
同量を体外より摂取する必要があります。(※3)

体外より水を摂取出来ない場合、
体の生体機能が働かなくなり、
遂には死に至ります。(※4)

健康のため、生きるため、
水は必要なんです!

次回はこの水の種類について、
書こうと思います。
ではまた次回へ続きます。( ^_^)/~~~


 (※1)体液は細胞の外にあるか、
内にあるかで2種類に分けられる。
 細胞外液 :
酸素、栄養素の運搬、老廃物の排泄などに使われる           
 細胞内液 :
ホルモン分泌、酸素生成、タンパク質合成などに使われる

(※2)生体組織内の割合では、
血液・肺臓・腎臓に80%、
心臓・筋肉に75%、
骨に25-30%、
脂肪に20%

(※3)排出と摂取の割合
・排出:呼気0.5L、汗0.5L、尿・便1.5L 計2.5L                            
・摂取:飲み水1L、食べ物1L、代謝0.5L 計2.5L

(※4)体内の水分量による体の変化
2%減:のどの渇きを感じる                            
3%減:のどの渇きを感じなくなる                        
5% 運動能力、持久力低下
6%減:脱水症状、体内の水分調節不能              
10%減:細胞働き低下、意識喪失、危機的状況   
20%減:死亡


 




当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ