今回は巷にある様々な水について、
体に良い水、良くない水という観点で書きます。


まずは良くない水からです。
・蒸留水/純水(※1)
体に良さそうと思われるかも知れませんが、
実は飲み水には適しません!
何故かと言うと、
まず無味、無臭でまずいですし、
中性(ph7.0)で溶存酸素がありません。

魚だと即死、人でも絶食状態で1.8L飲むと死亡します。
他の物質を吸収・溶解しやすい特徴があるので、
飲み水では無く、半導体の洗浄等に利用されます。

・重水 
重水素(※2)を取り込んだ水(存在比:0.0015%) です。
これも呼吸機能、炭酸同化作用、生殖能力を衰化させる為、人体には有害です。
中性子を吸収するため、
核燃料のウランを燃えやすくしたりするのに使われています。 
  
次に体に良い効果があると期待される水です。
・ナノバブルウォーター
酸素をナノレベルの泡にして溶け込ませた水。
淡水魚、海水魚が一緒に棲める水。

・抗癌 重水減少水(スーパーライトウォーター)
高度2000-3000mの地域にある水。
含まれる重水が140ppmのもの。(通常150ppm)
がん細胞が細胞分裂不能になる為、
抗癌化効果が期待される。

・抗酸化 プリズムウォーター
Qビットエネルギー(光子(フォトン)エネルギーと太陽エネルギーを放出)を照射した水。
高い抗酸化力、酸化還元電位が低い、
殺菌効果、免疫力増強の効果がある。

・プラチナウォーター
白金ナノコロイド配合。
金属なのに錆びない白金を超微粒子化して配合。
磁鉄鉱を通過した自然水。
水に磁石をあてると鉄をさびつかせない。
自然の磁鉄鉱を含む岩床でろ過された水。

・還元電解水(アルカリイオン水)
純水(ph7.0)にカルシウムイオンを添加し、
電気分解すると陰極に活性水素が発生し、
アルカリ性の水になる。
慢性下痢、消化不良、胃腸内異常発酵、
制酸、胃酸過多に有効。

・水素水 
①膜溶解法②マイクロ・ナノバブル法
③水素吸蔵ゼオライト法④電解水素法 
で作る 。
記憶力低下を防ぐ、過酸化脂質を減少。 

・疲労回復 炭酸水 
/冷え性 ・・重炭酸イオンが乳酸を中和。
ただし継続して飲むと体が酸性になり、
逆に疲労感が増す。 
/肩こり ・・血液中の二酸化炭素濃度が上がる
→脳が酸欠状態と誤解し、血液量が増す。 

以上、今回はこの辺りで。
次回はいよいよ水の飲み方について!です。

(※1)
純水:水溶中の電解質を除去 
超純水:有機物、無機物、菌、微粒子、溶剤気体、電解質を除去(5ppb) 

(※2)
水素 H1,H2 H2:重水素(H1の2倍の重さ) 
酸素 O16,O17,O18 





当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ