さて今回からは、
水の安全性について書いていきます。

最初に断っておきますが、
日本の水道水の水質基準(※)は厳しく、
一生飲み続けてもめったに健康被害にあわない、
非常に安全な水です!

雨水等の原水は、
浄水場で様々なろ過法(※2)でろ過され、
塩素消毒(※3)された後、
各家庭へ送られています。

この過程で人体に有害なものは大部分除去されます。 

しかし、残念ながら100%ではありません!
浄水場から家庭へ届くまでには、
まだ様々な汚染原因により水は汚染されます。

☆水の汚染原因    
1. 総トリハロメタン
→メタンの4つの水素原子のうち、
3つがハロゲンに置換した化合物の総称。
水と塩素が反応して発生させる。
発ガン物質とそうでないものがある。
・発ガン物質
クロロホルム、プロモジクロロメタンなど
・発ガン物質でないもの
ジブロモクロロメタン、ブロモホルムなど

2.硝酸態窒素、亜硝酸態窒素
→化学肥料等に含まれる窒素が酸化して変化。
体内のアミン等の有機物と反応して、
N-ニトロソ化合物(発ガン物質)を生成する。
また赤血球のヘモグロビンをメトヘモグロビンに変える。
メトヘモグロビンは酸素を運べない。
・引き起こす疾患:
ブルーベリー病、家畜のぽっくり病、
副腎機能不全、心臓奇形、心不全、
肺機能不全、糖尿病

3.トリクロロエチレン
→メッキ後の洗浄剤に含まれる。発ガン物質。
4.テトラクロロエチレン
→ドライクリーニング用洗浄剤、金属脱脂洗浄、
香料、殺虫剤などに含まれる。発ガン物質。
5.トリクロロエタン    
→溶剤などに含まれる。発ガン物質。
6.寄生虫        
クリプトスポリジウム、ランブル鞭毛虫など    
→集団下痢症を引き起こす。

これらのなかで特に厄介なのが、
トリハロメタンです。
大概のものは煮沸消毒で消毒出来るのですが、
トリハロメタンは煮沸しても逆に増加したりします。

これらの対策として、
・浄水器による除去
・市販のミネラルウォーター
などが考えられます。

そのお話はまた次回に続きます。(^-^)/

(※)水道水質基準           
        
(※2)ろ過法    
・緩速ろ過法    
沈殿→砂ろ過→さらし粉殺菌 
好適速度:3m/d 
デメリット:沈殿に8h、全体15d-40dが必要
・急速ろ過法    
前塩素処理→凝縮沈殿→砂ろ過→塩素消毒 
好適速度:150m/d 
デメリット:塩素による人体への障害
・高度浄水処理    
生物処理→凝縮沈殿→砂ろ過
→オゾン処理→粒状活性炭処理→塩素消毒 
日本での普及率は30%程度

(※3)
【塩素】
効果:
消毒・殺菌(細菌類)、殺藻(藻類)、
酸化(アンモニア、亜硝酸、硫化水素)、
脱臭(芳香臭、藻臭、硫化水素臭、腐敗臭)
デメリット:
・トリハロメタン等の発ガン物質を発生
・酸化還元電位の上昇
(エネルギーを放出しやすくなる水)
・活性酸素を多量に発生→体内細胞を障害
・腸内細菌の発育障害





当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ