入浴方法の種類、その2は温度による分類です。
温度により入浴法は以下に分類されます。

1.冷水浴(24度以下)
冷水により身体へ刺激を与える入浴法。
交感神経を緊張させ、血圧や心拍数が増加する。
仕事前等の目を覚ますのに最適。
また免疫抑制効果が期待される。
ラドン温泉や冷鉱泉で行われる入浴法。
大分県寒の地獄温泉が有名。

2.低温浴(24~34度)
3.不感温度浴(34~37度)
水泳など水中運動に適した温度。

4.微温浴(37~39度)
ぬるめのお湯で長時間の入浴が可能。
「持続湯」とも言われる。
副交感神経が優位になり、

血圧や心拍数は低下する。
心身のリラックスに効果的。

5.温浴(39~42度)
日本人の最も好む温度。
免疫力の増強やHSP70発現量の増加が期待される。
(HSP70:生体内のタンパクの修復・
管理をするタンパク質)

6.高温浴(42~44度)
7.超高温浴(45度以上)
高温により身体へ刺激を与える入浴法。
交感神経を緊張させ、血圧や心拍数が増加する。
仕事前等の目を覚ますのに最適。
また免疫抑制効果が期待される。
群馬県草津温泉の「時間湯」が有名。

8.温冷交互浴(40~42度、20度前後を交互)
温浴と低温浴を交互に行う入浴法。
温浴から初め、3~5回繰り返し、
温浴で終わる。 
血管の拡張・収縮を繰り返す事で循環機能を増強する。
運動後の疲労回復や冷え性、低血圧症に効果的。

9.漸温浴
最初、微温浴で入浴し、
足し湯や追い炊きで温浴まで
湯音を上げる入浴法。
心臓への負担が少ない。

以上です。
家のお風呂では漸温浴がおすすめです!

それではまた次回お会いしましょう~。




当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ