入浴方法の種類、最後は特殊な入浴法の分類です。
普通のお湯以外に浸かる入浴法です。

1.泥湯/泥浴
天然の泥を加える入浴法。
泥には鉱泥(ペロイド)、

火山性泥(ファンゴ)、
モール(腐食植物由来の泥)、
海底泥、温泉泥などがある。
以下の特徴がある。
・血圧を下げる働きがあり、
神経痛、関節痛、筋肉痛に効果的。
・流動性が少ないため、
水より高温に耐える事ができる。
(40~45度で30分程度)
・粘度が大きいため、
圧力が強く運動療法に効果的。
温泉では大分県の別府温泉郷の泥湯などがある。

2.砂湯
砂を掘り、そこに寝て身体に砂をかける入浴法。
砂蒸し、砂臥湯とも言われる。
砂温、砂の重みで血行改善や発汗促進される。
温泉では鹿児島県の指宿温泉の砂浴などがある。

3.蒸気浴/蒸し風呂
噴気孔から噴出する水蒸気で蒸す入浴法。
発汗作用が強く、新陳代謝が促進され、
疲労回復、肥満、筋や関節の痛みに効果的。 
以下ようなの種類がある。
・箱浴
箱の中に首だけを出して入る方法。
・室浴(ミストサウナ)
室内を蒸気で満たして全身を暖める方法。
喉や鼻の粘膜洗浄に効果的。
・痔蒸し/まんじゅうむし
温泉等の蒸気の吹き出し口の上に座り、
下腹部を温める方法。
・よもぎ座浴
よもぎ等の薬草を含んだ蒸気を噴出させ、
腰部を温める方法。
座面に穴が開いた椅子にマント等を被って座る。
下腹部の血行を改善し、婦人科系疾患に効果的。

4.熱気浴(サウナ、遠赤外線サウナ)
重油やガスを熱したり、
遠赤外線の電熱で熱したりして、
温めた空気に入る入浴法。
蒸気浴と同じく、箱浴と室浴がある。
様々な温熱効果が期待される。

5.岩盤浴/オンドル浴
温泉の熱で熱くなった岩や床に横たわる入浴法。
様々な温熱効果が期待される。

6.薬湯

植物等をお湯にいれ、香りを楽しんだり、
その薬用効果を利用する入浴法。

7.芳香浴(アロマテラピー)
植物から抽出した精油をお湯に入れ、
精油の効果を利用する入浴法。

以上です。
今回で入浴方法の分類は終わりです。
次回は正しい・・というか、
より効果的でより事故が少ない・・
そんな入浴の手順、
入り方を書きたいと思います。
それでは〜(^-^)/




当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ