今回は入浴の手順や注意事項についてです。
入浴中の事故を防ぎ、
より入浴の効果を得るために
ちょっと気にしてみてください!^_−☆

1.入浴手順
・全身浴の場合
①冬場は浴室、および脱衣室を温める。
②浴室はシャワーでお湯を入れたり、
お湯の水蒸気を利用して温度を上げる。
③水分補給(コップ1杯程度)
④かけ湯をする。
・床や椅子→足→腰→腹→両肩の順番で行う。
※出浴時の立ちくらみを防ぐには
頭までかけ湯する。
⑤ぬるま湯で微温浴(37~39度)をする。
⑥身体を洗う。
⑦再び入浴する。
・週に2回程度、温浴(39~42度)にすると
HSP上昇に効果的。
その際は漸温浴で徐々に熱い湯にする。
・長時間入る場合はのぼせ防止に頭に冷たいタオルをのせる。
⑧浴槽から出たら、冷やしたタオルで身体を拭く。
または25~28度の冷水を足にかける。
※冷たい刺激で血管を収縮させ、
汗の出すぎを防ぐため。
⑨保湿剤等を塗る。
⑩20~30分は安静にして休憩する
⑪水分補給(コップ1杯程度)
※夏場はミネラルも不足しがちなので、
スポーツドリンクか果物ジュース等がより良い。

・足浴(部分浴)
①40度程度の湯を浴槽やバケツに入れる。
※食塩や入浴剤を少量まぜてもよい。
②足をいれる。
③熱い湯を時々いれ、冷めないようにする。
④浴後は、タオルで水気をよく拭く。
⑤その後、乾いたタオルで包むなどで保温する。


2.入浴のタイミング
・就寝一時間前ぐらいに入ると寝つきがよくなる。
・食前食後は1時間ぐらい間を空ける。
・運動後は30分~1時間ぐらい間を空ける。
・以下の時間帯は体温の変化が激しいため、入浴を避ける。
・体温が下降から上昇に転じる午前3時頃
・体温が上昇から下降に転じる午後3時頃
・心臓疾患の人や高血圧の人は深夜の入浴を避ける。
※心拍出量が一日で最も高くなるため。
(午前0~3時。逆に午後3~6時が最も低くなる。) 
・仕事前に目を覚ましたいときは高温浴か冷水浴で3~5分入浴する。


3.禁忌、注意事項
・体調が悪いときの入浴は避ける。
・入浴時は家族等に知らせ、途中で声をかけてもらう。
・飲酒後の入浴は避ける。
・熱が37.5度以上ある場合の入浴は避ける。
・風邪で熱が37.5度以下の場合は、
微温浴で短時間(5~10分)にする。
・入浴中、めまいや立ちくらみをしたら浴槽から出る。
または浴槽の栓を抜く。
・浴槽で眠らない。
・手足のしびれが有った場合、浴槽から出る。
・高齢者や乳児は微温浴で短時間(5~10分)にする。
・高齢者はさら湯を避けるか、
入浴剤等を使用し、水道水の刺激を抑える。
・高齢者は
血圧が170/100(最高/最低血圧)の範囲に無い場合、
入浴を避ける。
・高血圧や心肺に不安がある人は寝湯か半身浴にする。


以上です。
なお、病気や怪我の時は、まずお医者様にご相談してくださいね~。
ではまた次回に!!




当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ