今回からは温泉の種類ごとの特長、効果などを書いていきます。

最初は単純泉から。

・名称:単純泉
・定義(基準値)
温泉:泉温が25度以上で溶存物質が1000ppm以下
療養泉:泉温が25度以上で溶存物質が1000ppm以上

・効果、効能
①入浴
温熱効果による血行改善
②飲泉
胃腸の蠕動運動を促進。

・適応症
①入浴
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、
関節こわばり、運動麻痺、打身、捻挫、
冷え性、痔、疲労回復、健康増進、創傷治癒
②飲泉
慢性消化器病

・禁忌症
①入浴
急性疾患、悪性腫瘍、活動性の炎症、
心臓・肺・腎不全

・代表的な温泉
カルルス温泉(北海道)、
鹿教湯温泉(長野県)、道後温泉(愛媛県)

以上です。
温泉に行くと温泉の種類の説明が
大概どこかにあります。
温泉の効果も知っておくと、
また違った入り方が出来るかも。(^-^)/




当サロンでもおススメしています↓↓

全て自然素材のサプリで1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取!!
ライフプラス サプリメント

天然素材で脳の睡眠満足度最高レベルの寝心地を実現したマットレス!!
GRAND CUSHION COMBO (グランドクッションコンボ)



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング にほんブログ村 健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログへ